みなさまの想いを一緒に叶えていく税理士事務所

融資

融資について

中小企業の資金調達の手段として、金融機関からの借入があります。
内部資金の活用や社債などで直接金融をおこなっている企業もありますが、多くの中小企業においては金融機関からの借入が重視されています。

融資実行までの流れ

事前の相談(開業計画の概要、融資希望額、提供担保物件の説明)
矢印
申し込み・面談(設備投資の見積書の提出)
矢印
金融機関での審査
矢印
内定・必要書類の提出
矢印
融資の実行

中小企業に融資を行う金融機関

民間金融機関

  • メガバンク(都市銀行):業界リーダー、融資額が大きい、融資商品が豊富、地方では支店が少ない
  • 地方銀行:地域密着金融機関
  • 信用金庫:都市銀行(都銀)。地方銀行(地銀)に比べて地域密着、非財務面にも重点を置く

政府系金融機関

  • 日本政策金融公庫:銀行、信金に比べ融資が受けやすい、創業資金融資が特長的
  • 商工組合中央金庫:普通銀行と同じ機能を持つ

金融機関の審査ポイント

民間金融機関の審査項目

資金使途:運転資金・設備資金
ポイント1
金利:収益を確保できるか
ポイント2
融資期間:適正な期間か、設備資金であれば償却の期間内か
ポイント3
返済方法・返済財源:返済計画は妥当か
ポイント4
担保:評価、換金性に問題ないか
ポイント5
保証人:保証能力があるか
ポイント6
総融資額:過剰融資になっていないか
ポイント7
計画の妥当性:事業計画、設備計画は妥当か
ポイント8
決算表:業績推移は問題ないか
ポイント9
試算表:財務分析内容に問題ないか
ポイント10
預貸銀行取引状況:他行動向に変化がないか
ポイント11
経営者の資質:経営者としての資質
ポイント12
事業活動の実態:経営実態があるか
ポイント13
業界動向:業界特性、競争力
ポイント14
格付け:金融審査マニュアルに基づく
ポイント15
※1~9は、融資の申し込みの度に審査を行っています。
 

金融機関との付き合い方

1,複数行取引をする

設立してまもない会社や小規模な会社であれば、1つの金融機関との取引でも特に支障はありませんが、ある程度の規模になると1つの金融機関だけの取引は融資を断られ資金繰りが難しくなるというリスクがあります。 リスクの分散という点でも複数行取引を行う必要があります。また金融機関側も、自行の経営状態や経済環境によっては融資ができない場合もあり、一行取引は望んでいないことが多くあります。

2,数字で具体的に説明する

融資を申し込む会社の社長が、営業や財務すべてに精通しているのが、理想形ではありますが、社長が財務にあまり精通していない場合は、財務の分かる経営幹部などを同席させ会社業績や事業計画、借入の申込理由、 返済計画などは数字を使い具体的に説明しなければ金融機関は首を縦には振りません。

3,営業資金の入出金はメインバンクを中心に行う

給与振込や公共料金決済、クレジットカードなど経営の負担にならないもので付き合う。ギブ&テイク

4,公的融資を使う、普段から調査しておく

国や地方自治体が中小企業に資金支援するために、民間の金融機関よりも有利な条件で融資を受けられる制度があります。また、助成金などの返済不要なものも準備されています。

5,信用保証協会を利用しておく

信用保証協会の制度が変わりました。従来は融資額の100%を保証していましたが、現在は融資額の80%までを保証金額としています。 これにより保証協会の保証があれば安心して融資できていたのに20%のリスクを保全出来なければ容易に融資が出来なくなったことになります。

6,決算後、経営者が早く説明に出向く

株式公開を考えていない場合には、公的融資や助成金を活用できる中小企業のままでいる方が有利なことが多いといえます。

7,年度計画、中期計画(経営計画書)を作って金融機関に開示する

決算書は、銀行から催促を受ける前に、社長または経営幹部が説明・報告しに出向くことが必要です。

8,金利のかけひきは最後に行う、実効金利は押さえておく

年度計画や中期計画書を作成しているのであれば、金融機関に開示し理解してもらえば、今後の資金調達がスムーズに行くケースが多くなっています。

9,経営者の資金はすべて公開しない

金利のかけひきは、最後に行います。利率は、企業格付け基準に基づいていることから、無理なかけひきは時間の無駄になってしまいます。 しかし、実効金利を押さえてかけひきをすれば、多少の引き下げ余地はあると思います。

10,社長の資金はすべて公開しない

金融機関から社長の個人保証を求められることがあります。この際に、社長の個人資産や負債を聴かれますが、この情報は万一の参考情報であるためすべてを公開する必要はありません。

まずはお気軽にご相談ください

このほかにも融資について分からないことや聞いてみたいことがありましたら、大阪市北区にあるトータルサポート税理士事務所にお気軽にご相談ください。

トータルサポート税理士事務所 電話でのご相談は06-6225-7785 メールでのご相談はこちら

  • ホーム
  • 法人さまへ
  • 融資についてのお話
  • 法人設立準備のお話
  • 個人事業者さまへ
  • 融資についてのお話
  • 個人事業設立準備のお話
  • 医療法人さまへ
  • 融資についてのお話
  • 法人設立準備のお話
  • 助成金
  • 事務所の紹介
  • 所長の紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • 個人情報の取り扱い

TKCシステムについて

  • ダウンロード

お知らせ

2012/7/31
サイトを公開しました。